Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【TGS2016】動物型マシンを狩る『Horizon Zero Dawn』をプレイ!デモ版ながらバトルの奥深さに驚愕

ゲームニュース

2016年9月15日~18日に開催される「東京ゲームショウ2016」、世界中から数多くのゲームタイトルが出展されている本イベントですが、今回はソニーインタラクティブエンタテインメントのブースに登場していたPS4『Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)』のプレイレポをお届けします。

『Horizon Zero Dawn』は、Guerrilla Gamesが開発するオープンワールドアクションRPGです。プレイヤーは、大災厄に襲われた世界で熟練ハンター「アーロイ」となり、さまざまな動物型マシンと戦いを繰り広げつつ、古の遺跡や謎に満ちた建造物を探索していきます。

今回試遊できたバージョンは、本作の一部を体験できるデモ版。エリアに制限がかけられており移動可能範囲は狭めに調整されていたものの、機械が支配する世界でのバトルを楽しむことが可能でした。

遊び始めて最初に感じたのは、動物型マシンが自然に溶け込んでいるということ。葉の揺らぎや川の流れなどきちんと自然が表現されており、ウサギやイノシシなどの野生生物もいるのに、機械の生命体が違和感なく野生化しているのです。そのため、そういう世界なのだとすぐに理解できました。

とはいえ、動物型マシンを見つけたら狩りの時間です。まずは「ロープキャスター」(ロープを撃ちこんで動きを止める武器)で相手の足を止め、近接攻撃で破壊。「ウォッチャー」程度のあまり強くない相手であれば、この基本的な攻撃で問題ありません。

しかし、手からシールドを作り出す「シェルウォーカー」のような相手の場合は注意が必要です。盾には攻撃が通らないため、弓矢で相手の弱点を狙って部位破壊をしたり、スリングショットのような「シャドウスリング」で炎・氷・電気の属性を持つ球を撃ちだし、持続ダメージを与えて戦う必要があります。